バイアグラ 薬局

バイアグラ 薬局

バイアグラは薬局で売っているのでしょうか?薬局で見かけることはないけれど、薬剤師さんに言えば出してくれるの?でも「バイアグラください」って言って薬局でなかったら恥ずかしいから、言えない。

 

バイアグラは生活改善薬として厚生省から処方の際には最大限の注意が必要な薬として取り扱われていて、現在は日本で手に入れようとしたら、病院で医師の診察を受けた後に処方箋を発行して手渡す方法と個人輸入などで薬を購入すると診察代がかからず薬のみの値段で購入できるので安く済みます。

 

しかし、海外ではバイアグラは薬局で取り扱われている国もあります。その決まりはいろいろで処方箋が必要な国と、普通にドラッグストアーのようなところでも購入することができる国もあります。

 

日本でも、バイアグラがドラッグストアーで買うことができるといいのですね。アメリカでは日本よりも病気の予防に関する認識がとても高く、病気にかからないようにサプリメントなどで予防するのです。様々な生活改善薬も手に入れやすい環境が整えられています。

 

日本の国の動き的には実はその方向で進んでいるのです。

 

現在でも日本の予算の赤字は大きな問題となっていて、どこかで節約しなければという意見が大きいです。そこで注目されているのが医療費です。日本でもアメリカのようにサプリメントなどの生活改善薬をたくさん承認して価格競争をする市場を形成する計画です。

 

それが実現すると薬の値段が安くなり、また、病気の予防に使用されるサプリメントやバイアグラといったモノの価格も低下して、多くの人が病院にかからずに済むようになり、保険による医療費が節約できるという考えです。しかし、そのためには安全面で決まりを作る必要があり、実現はまだまだ先のようです。

 

バイアグラの薬局

バイアグラはファイザー製薬の特許医薬品でしたが、すでに特許期限が切れており、日本でも多くのジェネリック医薬品が製造されて販売も開始しています。

 

バイアグラのジェネリック医薬品はシルデナフィルという成分を含んでいて、これはバイアグラと同じ成分なので、ほぼ同じ効果が期待できるのです。

 

同じ効果ということは、ニトログリセリンを服用している人はバイアグラと同様にジェネリック医薬品も服用することはできません。ジェネリック医薬品と言えばとても安いイメージがありますが、2015年現在で日本で販売されているものは、それほどバイアグラを価格に差はありません。

 

バイアグラの販売

 

バイアグラが販売されるまでにファイザー社は様々な宣伝性ン略を行いました。舞台裏でのたゆまぬ広報活動、勢いづいた株西により、ファイザーバイアグラとそれに関連する診断の公共化を大幅に取り仕切りました。

 

この重大な内科的疾患である勃起不全に対して、治療法の構築が大ヒット新薬バイアグラ、記録破りの売り上げ、新たな女性向けの市場に必要とされる完璧な仕掛け、そして、バイアグラが発売されるとバイアグラについて書かれたものが爆発的に配信されました。

 

バイアグラを勃起不全の有効な治療に結びつけようとする宣伝も国にもかかわらず、その成功が障害の原因を明らかにするわけでもないと指摘した人はほとんどいませんでした。

 

単に目立つ生理的影響を受けるだけでは、性の問題は必ずしも生物的原因によるとは限らないのです。

 

それどころかバイアグラ、あるいはバイアグラについて考えることが、インポテンツにとっての最も良い応急処置かどうかはわからないのです。

 

マスコミ報道がこぞってバイアグラを信じ切っている一方で、シルデナフィルの臨床試験データを違った風に解釈し、バイアグラのプラシーボ効果の可能性に気がつきました。

 

効能の一部が精神的なものである可能性もあります。男性250人を対象にした調査で、偽薬を飲んだ男性の40パーセントが性機能の増大を報告したのです。彼らの機能向上が生物学的作用によるものでなかったことから、飲んだ薬が効くという思い込みによって誘発されたものである可能性が否定できない。

 

しかし、このような報道にもファイザー社はきちんとした証拠を提出し、その報道が間違いであることと、バイアグラのプラシーボ疑惑は完全にないことと証明されたのです。